スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宮崎の口蹄疫はひどいもんだ。

はい、こんにちは。

ばあちゃんはここのところずっと宮崎の口蹄疫の拡散で、てんてこまいなひがし知事と動かざること牛のゴトキの農水大臣のことが気になってしょうがなかったよ。
そして、このことをニュースにしない政府がね。

これについては「博士の独り言」というブログに詳しくのっている。
その中の一つを紹介させてもらうよ。

ーーーーーーーーーー転載ここからーーーーーーーーー
口蹄疫の疑い 新たに6カ所
 宮崎県は8日、新たに同県川南町と郡農町にある農場6カ所で、口蹄(こうてい)疫に感染した疑いのある牛13頭と豚3匹が確認されたと発表した。感染疑いの家畜が出た農家や施設は計49カ所となった。県はこれらの農家が飼育している牛約1160頭と豚約660頭を処分する方針で、これまでの処分対象は計約2400匹に上る。産経新聞紙面(切り抜き)5月9日朝刊(24面)より参照のため抜粋引用/写真は産経新聞の同紙面より参照のため引用
----------

公的責任を問われるべき、首相、農水相

 宮崎県の、口蹄疫感染被害による殺処分が6万頭を超えた様子が一部で報じられている。事実とすれば、ごく単純に拝察したとしても、つい3日ほど前に、その数が3万頭を超えた(要旨)、と同じく一部で報じられた倍の数値に当たり、大きな被害拡大である。一部では、「国内で過去最悪の事態」と報じていながらも、報道は極めて少ない。たとえば、このニュースを一部報じても九州の地方版紙面に過ぎず、webで配信してはいるが、東京版の紙面には掲載されない、という報道傾向が依然として続いている。


読売新聞「九州版」(Web)5月9日付記事
-------

 よく謂えば、民主党政府の対応の「遅れ」、その実は、首相、農水相はじめ「何もしていない」。すなわち、「不対応」とも指摘すべき態度に等しい「体たらく」を有権者の眼前に晒(さら)したくない、その“思い”が「報道」に拝察し得てならない。そのように推察しなければ、事の次第の説明がつかない状況にある。こうした事態に、陣頭に立つべき農水相の赤松広隆氏は、緊急帰国もせず、まして、出先からでの状況分析や指示もなさず、緊急でもない「外遊」を続行したままであった。この態度を宮崎県、さらには拡大の恐れがある南九州、ひいては国民にどう説明されるのであろうか。

 事態に対する当該「公職」における説明責任と、および、同じく関わる公の発言、指示が皆無に等しかった首相の鳩山由紀夫氏の任命権者としての公的責任が問われて然りの状況にある。
----------

所詮、日本国民は度外視の「民主党」

 一事が「万事」との謂(いわれ)れがある。この体たらくの「現実」は、より多くのみなさまが「民主党政権」に対する見極めをされるによい機会ではないか。平時に、いかに美味しく映る“政策”や綺麗ごとを並べようとも、かくなる「有事」にこそ、その本性、本質が判る。その視座から指摘すれば、民主党という特殊政党は、所詮、肝心な「日本国民」は欺(あざむ)きの対象でしかない。自党の勢力意地・拡大のための「票」でしかない。その実態がここでも露骨である。

 上記(読売新聞「九州版」)には、「県は赤松農相が10日に宮崎県を訪れ、東国原英夫知事らと意見交換すると発表した。この問題で赤松農相が宮崎入りするのは初めて」と記している。最初の症例が確認されたのが「4月9日」。宮崎県都農町の畜産農家での事例であった。以来、実に1カ月以上を経て、「公職」権能の立場にある赤松氏が「現地」を踏むことになる。選挙や民団のためには、時間を惜しむかのように行動をとる政治家が、である。危機感の「無さ」もさながらに、「無能」の烙印を押されても致し方あるまい。あくまでも、事柄と場合にもよるのかもしれないが、国務にとって「1カ月」は大きな時間であることに変わりはない。その間に、口蹄疫の被害は膨大に膨れ上がっているのである。
----------
ーーーーーーーー転載ここまでーーーーーーーーーーーー


まったく、中国人の観光ビザの発行暖和なんかよけいなことするまえに、こっちをしっかりやんないとだめだろう。
ばあちゃん、こいつら見ていると本当に血圧が上がる思いだ。




ばあちゃんはね、伝染病が広がらないようにとその地域で酪農していたばっかりに、手塩にかけて育てていた牛やぶたを殺処分したあげくに、その土地や建物にに真っ白な消毒剤撒かれて酪農が続けられなくなっちまった牧場主のみなさんや、殺された牛や豚がふびんでなんないよ。
国産の肉を壊滅状態にするつもりかい?

本当に何もかも腐っているね。

なーんて怒ったら負けよ。
これはね、もういいかげんに牛や豚の肉食べて、体壊すのはやめにしなさいって
もともとは、日本人はふだんから肉を食べる習慣はなくて、魚や貝をすこしと野菜で生きてきた民族なんだから、それに立ち返れってことじゃないかとばあちゃんは思う。
そうやって免疫力をつけて、これからに備えろと。

でも、負けてもいいからばあちゃんはやっぱり怒るぞ。
おいそこの灰色教団、みんす、おまいらの利権のために、平和な何の罪もないたくさんの人を苦しめて
しらーっとしているんじゃないよ。
ばあちゃんは、怒れりをクッと押さえて冷静に、きわめて冷静に落ちていくのを墓場の影からみていてあげるよ。
で、むこうから見えないのをいいことに

ばーかばーか、おまえらのような腐った魂は肥だめ温泉で三年間放置だ。作物の肥やしとなって出直してこーい。

といってやろうかね。

そうだ、なんか勘違いしている人がいるかもしれないからいっておこうね。
食べられるので死ぬのも、殺処分で死ぬのもどうせ最後は殺されるんだからいっしょじゃないの?
なーんて考えるトンチキ頭がいるかもしれないけれどね。
日本のと殺ってのはアメリカの大量ベルトコンベアと違って、一発で確実にしとめられる職人さんが一頭一頭感謝を込めてと殺するんだよ。
日本人は欧米人のように大味で良しとする味覚ではないから、と殺前に恐怖からでる物質を極力でないようにするし、いい環境でしあわせな気持ちで育てる。毎日丁寧にブラッシングしたりね。うまい牛は毛並みもいい。
食べるものもいいもの食べさせるからね。だから国産和牛のいいやつは値段も高いんだよ。
そしてなにより、食べられる牛たちは感謝の念を頂ける。豚もそうだね。
食べる時に「いただきます」ってごあいさつするだろう?
でも殺処分はちがう。感謝もなくまるで汚物を扱うがごときの扱いで白い粉まぶされて埋められてしまう。
どんだけ気の毒かと思うよ。
そのちがいはちゃんと理解しておこうね。

ちなみにたまーに見かける、動物愛護のサイトだかなんだかで、毛皮のとられる動物はせまいところにぎゅうぎゅうにつめこまれて、エサも与えられずに最後は生きたまま毛をむしり取られるとか書いてあったけれど、これはかなり偏った動画だ。見た感じは現場あのきたなさからはおそらく支那だね。
はっきりいっておこうね、毛皮ってもんは傷一つで価値が大幅にさがっちまうもんだ。
ミンクでもウサギでもいい毛皮にするために、そりゃ細かい手入れはするしいい飯も食わせる。
栄養の偏りはすぐに皮毛に現れるからね。また恐怖感ばかり与えてストレス満載っていうのもすぐに現れる。
ましてや、殴り殺して毛皮とっているなんてまずありっこないからね。
どういう趣旨でこんな動画作ったんだか知らないけれども、あれは明らかにやりすぎ。
ちょっと考えればわかりそうなもんだ。
まぁ、ばあちゃんもファッション毛皮とかはなければなくていいもんだとは思うけれどね。
牛とか熊とかシカとか肉をとるためだけでなく全部使うための毛皮の利用だったら、かまわないとおもうよ。
ただキツネとかは食べないからね。w 
(でも極寒状態だとあれがないときついんだわ。そしてあたたかさもはんばでないのよ。
遊びできているわけじゃない必要なところはしっかり認めてあげようね。
みんな感謝して大事に着ているわけだからね。)

今回はここまで。w


【おしらせ】

つい先刻までこちらには東海アマさんの記事をコピペ掲載していたんだけれども
創価学会の経営する、あぐら牧場が宮崎県口蹄疫の原感染者という情報を追跡調査しましたが、事実を確認できませんでしたので、関係者に謝罪し撤回します。
ということなのでその部分を削除させて頂いたからね。
ばあちゃんもしっかり調べてから掲載しないといけなかった訂正してお詫びします。
関係者のみなさま、大変失礼いたしました。
この老骨に免じてどうかお許し下さいまし。


スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

気に入ったぜ、ばっちゃ

おう、おーう、何故かオレ様のサムライスピリットが胸騒ぎするな、と思ったら、やっぱココだったぜw

な、ばっちゃ、どうも、この件、マスゴミがあまり取り上げなかったのは、原口が報道規制敷いていたかららしいよ。ばっちゃの引用元にあることの諸々と絡んでたんだねぇ。しかしだ、何故口蹄疫と感染の疑いが起こったときに、直ぐ届出なかったのかねぇ。まるで子どもがいたずらして、叱られるのが怖くて黙ってたら、だんだん騒ぎが大きくなり、恐れをなした子どもが実は、、、と告白して余計に怒られたでござるの巻を地でいったどころか、それの超巨大版じゃんねw

よし、オレもばっちゃについていくぜ。おいそーか、組織ぐるみでいつまでも悪さしてんじゃねーよっ!!善良な会員の皆さんを全員不幸にまきこんでまで、あのデブ野郎のオ○ニーにつき合せんなってーの!それと現政権の、この問題に責任を取らないといけない連中は、今すぐイエス又吉んトコに行って、地獄の火の海に投げ込まれて来い!いいか、今すぐにだぞ。あー、くそぉ、まだイライラがおさまらねぇ。

それじゃな、ばっちゃ、また来るぜっ! パチッ(ハイタッチの音)

No title

ばあちゃん、東海アマのコメントに訂正が出たようです。

確認願います。

以上、業務連絡。


@の冠がいただけるよう、品川の現場、頑張ってまいります。笑

Re: 気に入ったぜ、ばっちゃ

ウコン三等兵

はいよ。こんどぽたぽた焼きあじの芋もち作っといてあげるから
またおいでw

Re: No title

> ばあちゃん、東海アマのコメントに訂正が出たようです。
>
> 確認願います。

はいよ ありがとさん

No title

ばあちゃん、ありがとう。
宮崎の件、削除とお詫び記事を載せたよ。

Re: No title

>ばあちゃん、ありがとう。
>宮崎の件、削除とお詫び記事を載せたよ。

絵寿司撲滅部隊 隊長

ほい。ごくろうさん。
ああいうのは早い方がいいからね。
わざわざきてくれてありがとね。

No title

おおそうだ。
お礼ならイカ社長にね。
うちにも社長が教えてくれたんだよ。

やっぱり今から勲章つけておこうかね。

イカ社長@ ←勲章

日本のと殺は違うのですね。

こんにちは。
またお邪魔しに来ました。kodantkです。

今回の記事で、日本のと殺について知ることができて有難くて書き込みしました。
巷に流れていると殺映像は残酷すぎて、私は見れなくて敬遠していました。そのせいで、どこの国もこういうことをしているんだとばかり思っていました。
日本のと殺のやり方は、愛情がこもっているやり方なんですね。
嬉しくて、自然と泣けました。
日本人で良かったと心の底から思います。

有難い情報、ありがとうございました。
失礼致します。

No title

kodantkさん

そうそう、なかなかそういうところは一般公開されていないからね。
しかし一番そういうところで丁寧なと殺をしているのはイスラム圏だよ。あの人たちはちゃんとお肉を包むパッケージにお祈り済みと書いてあるものしか口にしないからね。
日本の場合はだいたいと殺をする人っていうのは、マタギという狩人の流れをくんでいるから、命を頂く感謝はしっかりやるし手法も技ありなんだよ。
ばあちゃんのしりあいにそういう人がいてね,呼吸にまで気を使ってしめるんだそうだよ。

No title

こんにちは。

人間には、口蹄疫のウィルスが体内に入っても、ほとんど発病しない。万が一に発病しても一週間程度の軽症で治ってしまいます。
ですから、宮崎産の牛肉、豚肉はどんどん食べるべきでしょう。

ただし、発病しなくても、しぶといウィルスが生き残ってしまっていた場合に人間から牛や豚に感染することは有り得ますから、牛や豚に接触する可能性がある人は、やはり食べるのを控えたほうが良いでしょうね。

ただ、宮崎で口蹄疫が出た畜産場は、今後、最低5年は畜産を行えません。この危急時に中米、キューバに外遊してた赤松農水大臣は、殺処分した牛、豚は補償する…なんて気楽に行ってますが、今後の5年は補償しないんでしょうね。
ちなみに、元から共済組合が補償することになっているんで、手柄顔に赤松農水大臣が言うことじゃありません。
その共済組合も、事業仕分けで予算削減だしぃ~
(共済する部分とは別の予算のようではありますが)

テレビや新聞も全国版ではほとんど取り上げない現状ですが、牛乳やバターが値上がりになって、ようやく世間は気づくんでしょうかね。


No title

えまのんさん

よくきてくれたね。ありがとさん。
ほんとに赤松とど松ジュウシマツだよねぇ
もうほんとに 早く政権変えないととんでもないことになりそうだよ。やわらちゃんひっぱりだして何考えてんだか。
旦那の谷さんがかわいそうだよ。
子供二人もいるのに、柔道の練習して国会議員やってたら家のことなんかできっこないじゃないか。
結局当選したってミンスの頭数のひとつになるだけでなにもいえやしないのにねぇ。
FLASH文字時計
プロフィール

ふんどしばあちゃん

Author:ふんどしばあちゃん
北の大地から東京の下町に嫁に来て、50年はとうにたったかね。子供三人、孫8人。四年くらい前までは手縫いのふんどしを縫ったりして生活のたしにしていたもんだが、引退。糸通しの針金を針の穴に入れられなくなったら針子もそれまでだからね。じいさんの世話もあった。今年は長年連れ添ったじいさんも亡くなって、ヒマなもんだから孫のおさがりのパソコンでもやってみようかと思っているうちに、面白くなっちゃった。
今はたいした時代だよ。一人一台コンピューターマシーンがもてる時代だからね。わからないことなんかゴーグルで検索すればなんだってわかる。(え?グーグルだって? ばあちゃんが読むとゴーグルなんだからゴーグルでいいんだよ。うるさい事いうやつはきらいだよ。w)ただばあちゃんにいわせると、このボタンの文字がもう少し大きくなっていると助かるんだけどね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

明日へ未来へつながっていく

とほほほ

アタマ、でかっ

深いふかい森の中

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ほんの少し先の未来へ2

フラクタル

crazy*3

死ね死ね団をぶっつぶせ!!

悠久のサイクルの中で

お願い!ちょっとでいいから!

こりゃ誰かが絵~書いておるな~!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。