スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いの磁気を意識しよう

こんにちは。
金玉師匠からばあちゃんのブログが紹介されて
ぐっと遊びにきてくれる人もふえたみたいで、うれしい今日のばあちゃんだ。

今日は「思いの磁気」についてばあちゃんが思ったことを
書いてみようかね。

土曜日にばあちゃんは、じいちゃんのためにおはぎを作ったんだよ。
ひとつひとつそりゃ丁寧にあずきをといて、煮て、ことこと煮詰めてあんこにしてね。
餅米炊いて、お寿司くらいの小さなおにぎりたくさんこしらえてから
あんこでくるむんだね。

そんで、いの一番にじいさんにお供えして、ご先祖様にもお供えした。
(え? ご先祖様が先だって?

・・・・・
・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・もうあげちゃったから、いいんだよ。うるさいこというやつはきらいだよ。)

んで、ばあちゃんはじいさんとできたばかりのおはぎを食べたのよ。
ばあちゃんはおいしいと思ったから、今回のおはぎも上出来だ!ってんで
近所に配って歩いたのさね。

そんで、仏様のお下がりを息子に食べさせたら
「ばあちゃん、このごはんなんなのぽそぽそしていてちゃんと餅米でやった?」
とかいいくさったのよ。
おまけに「これじゃダメだよ。えー?これご近所に配ったの?あららら」
っていうしまつよ。
ばあちゃん、ちょいとカッチーンと来てね、作ってあった家用のおはぎをゴミ箱に捨てようと思ったら
孫がね、ばあちゃんボク食べるから捨てないでってさ。

んで、孫に食べさせたら「おいしいよ。いつものおはぎじゃん」っていう。
だろう? だろう? 完璧だろう?
そりゃあ餅米足りなくってちょっといつもの米足したけれどもさ。
ちょびっとだよ。ちょびっと。
炊く時に日本酒もたして、塩もちょっと入れてさ。
ばあちゃんのあんこは甘さ控えめなぶん、微妙なごはんとのバランスを作らないとならないから
いろんなところに気を使って作ってあるんだよ。

そんなこと知りもしないで、このあほ息子のうんこたれが!と思って
捨てそうになったおはぎを、息子に食べさせてみたら
「なんだ、うまい。うまい。 なんではじめに食べたのはまずかったんだろう
 あっ!! じいさんのお下がりだったからか!
こんなに味が変わるのか? ああ・・・おやじはおはぎが大好きだったからなぁ
 きっと思いっきり食ってったんだな。」
だと。

んで、ばあちゃんも仏様のお下がりを食べてみたんだが、確かにぽそぽそして
お世辞にもおいしいとは言えない代物だった。
仏様にお供えするだけで、こんなに違うものなのかねぇ?
ってちょっとした不思議体験を家族みんなでしてしまったよ。

ここでばあちゃんは思ったんだけどね。

もののおいしさというのは、作った人の思いの磁気の影響が強いのかもしれない
ひょっとして、食べ物以外のものでも靴とかかばんとか机なんかもそうかもしれないと思ったんだ。
ばあちゃんは多少量が少なくとも、心のこもった手作りのものはお腹かいっぱいになるって考えている。
ばあちゃんが今までで食べたものの中にね,
どうしてこんなにちょっとなのに、いつまでもお腹がいっぱいな気持ちが続くんだろうって思うパンがあったんだわね。
それは、ばあちゃんの姪っ子が手作りのパンをこしらえて、それを太陽の光を使って焼いたってものだった。
なんでもソーラーオーブンっていうもの使って、太陽の光を集めて三時間もかけてゆっくり焼くんだそうだよ。
んでこのパンを食べた時にね,お日様って言うのはなんてあたたかな気持ちの磁気を持って光と熱を広げているんだろうかって思ったよ。
不思議に腹に入ってもあたたかくてねぇ。姪っ子のお日様パンはひとつぶで300メートルどころか一口で半日おなかいっぱいなパンだった。
いい磁気というものは、こんなに人を幸せにするものなんだねぇ。

こういう磁気の大切さというものは、もっとたくさんの人が気がつかなくちゃいけないものだと思うんだ。
というより、ものの価値をこういういい磁気で捉えていけば手作りの大切さとか、コンビニ弁当の味気なさとか
わかると思うし、もっといえば人をだまして稼いだお金はどんな磁気がついているか、それを使って生み出されるものはどういうものなのか? なんてことを想像すると人のことをだまして金儲けしようとは思わないし、泥棒もなくなると思うんだよね。
そういうことを子供が小さいうちから、教育の一環として教えてあげるようにしたらもっと社会が、世界全体が太陽のような温かい磁気で満たされるようになると思うんだ。
お金にしても、生きたお金をどんどん生み出して生きたものを作り出すようになると思うんだ。
きっとその磁気というのは、私たちの魂のごはんになる。
そして、わたしたちはそういう磁気を生み出すことが出来るものでもあるんだ。
その磁気は、生み出した本人よりもどちらかというとそれを頂いた人を幸せにできるんだね。

じいさんはそれをしっかりと食べていったんだなって思ったよ。

みんなもちょっと実験して見るといい。
スーパーやコンビニで買った豪華弁当と、かあちゃんが家で炊いたごはんを弁当箱につめて梅干しのっけて胡麻かけただけの弁当。どっちがうまくて力が出るかを。
間違いなく後の方だから。なぜだかそっちのほうがうまいんだ。

おかずなんかたいしたもんでなくったって、かあちゃんの弁当は最高なんだよ。
なんてったって愛情たっぷり入っているからね!
それだけで魂に取っちゃおおごちそうなのさ。

スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

確かに。

ばあちゃんが言いたいことはよっくわかるよ。
ご飯と味噌汁と納豆だけのご飯でも美味しい。
さらに、皆で協力して作ると更に旨さ倍増する。
前に珍しく風邪をひいて寝込んだときに、子供が春雨サラダを作ってくれたんだよね。寝ながら聞こえてくる調理、ボールの中で何かをかき回す箸の音とかそういうの暖かいものだなぁって思った。

外食の時でも、厨房の人がお客さんの顔見て作ってるお店は
美味しい気がする。
陶器や家具や服も、大量生産されたものはいつまで経ってもそっけない、なかなか馴染まない感じはする。
やっぱ手作りがいいよね。

それにしても、お日様パンって美味しそう!

No title

玉蔵さんのところからやってきました。
まさかこんな元気なばあちゃんがいるとは!!
ブログまで書いてるし。しかも面白い。
ブログ読んでおはぎも買いました。
10年前に亡くなったばあちゃんの面影を思い出しつつ
いつまでも元気なブログ、心より期待しています。

Re: 確かに。

おかあさんが具合悪い時に、なにかお料理作ってくれるなんざ
いい子じゃないか。
まいどちゃんはちゃんと子供を育てているね。
さすがばあちゃんの弟子だ。よしよし

Re: No title

たかさん。
はじめまして、よくきたね。
>まさかこんな元気なばあちゃんがいるとは!!

なんだいなんだい。ばかにしちゃあいけないよ。
ばあちゃんはまだ自転車だってまだ二輪だからね。
三輪にしろってまわりからいわれてるけれどね。
あれはノロくてイヤなんだよ。ババ臭くて。
じゃせめてとかいって補助輪つけさせられたけれど
ばあちゃんとしては引退するまで二輪で行くつもりだ。
やっぱり人間しゃんとしていないとね。しゃんと!
秋のお彼岸にもおはぎちゃんとお供えするんだよ。
また遊びにおいでw

はじめまして

こんにちは。
玉造先生の紹介でやってまいりました。

そーなんです。
仏様はお上げしたものの”気”をいただくのです。だから、お上げしたものは、”気”が抜けてとても食べられたものではないそうです。
そして、お上げする時には、
”OO様、どうぞお召し上がり下さい”
と、ちゃんと名前を言ってあげないと、ご先祖様は食べられないみたいですよ。(変わりに、そこらの浮遊霊が食べてしまうそう)
下げたら、もったいないと思わずに、捨ててください。
ご先祖様に上げたんだから、横取りはいかんということでしょうか...

ちなみに、
神様にお上げしたものは、”光”が入るから、食べてもいいそうです。

師匠、本日もきますた、どっかぁんっと、胸に。

魂のごはん、ありがとうございますた。

師匠の記事を読んで、夢みるナンバー1という方が書いておられる【ほんの少し先の未来】というブログを思い起こさずにはおられんですた。

どうぞ、読んでみてください。

あったかぁい、魂のごはんを作っておられる方です。

お金のいらない世界、という記事だったかな?タイトル少しちがうかも知れんですが、よかったです。

師匠のおはぎ、Mistymidoさんのお子さんの春雨サラダ、んで、ほんの少し先の未来の夢みるナンバー1さんのごはん。

シドニーおちん四等兵、食べたいっす。

師匠、孫さんによろしく。では、おやすみなさい。

Re: はじめまして

> こんにちは。

はい こんにちは。

> そして、お上げする時には、
> ”OO様、どうぞお召し上がり下さい”
> と、ちゃんと名前を言ってあげないと、ご先祖様は食べられないみたいですよ。(変わりに、そこらの浮遊霊が食べてしまうそう)

そこらへんはちゃんとクリアーしているね。

> 下げたら、もったいないと思わずに、捨ててください。
> ご先祖様に上げたんだから、横取りはいかんということでしょうか...

そうかいそうかい。
ほんとはじいさんの食べたお下がりをばあちゃんが食べようと思ったんだよ。
そしたらほら、なんだかチューしているみたいになるだろ?
でも良くないのがわかったから、やめることにするかねぇ。

やっぱり生きている時にもっとチューをしとくべきだったね。
子がめさんもチューぐらいは最後までしたらいいよ。

こら、そこの弟子ども 笑うな!

>
> ちなみに、
> 神様にお上げしたものは、”光”が入るから、食べてもいいそうです。

そういうのこそ、屋根にあげてあげたり土に入れてあげるといいねぇ。
そうすれば鳥が食べて元気になって、元気な鳥が落としたフンはいい肥料になる。
土に入れれば虫が来たりミミズが来たりして食べてくれる。
そしていい土が出来るね。地球に春のごちそうだね。

Re: 師匠、本日もきますた、どっかぁんっと、胸に。

おちん四等兵

ふむ、巡回ごくろうであった。w

10歳若かったらばあちゃんも洋式ダンスを踊るよ

今だと  盆踊りだね。

ほってぇ ほってぇ またほってぇ  ちょんちょん  だね。

No title

>こら、そこの弟子ども 笑うな!

なんでわかるかなぁ。(笑)
FLASH文字時計
プロフィール

ふんどしばあちゃん

Author:ふんどしばあちゃん
北の大地から東京の下町に嫁に来て、50年はとうにたったかね。子供三人、孫8人。四年くらい前までは手縫いのふんどしを縫ったりして生活のたしにしていたもんだが、引退。糸通しの針金を針の穴に入れられなくなったら針子もそれまでだからね。じいさんの世話もあった。今年は長年連れ添ったじいさんも亡くなって、ヒマなもんだから孫のおさがりのパソコンでもやってみようかと思っているうちに、面白くなっちゃった。
今はたいした時代だよ。一人一台コンピューターマシーンがもてる時代だからね。わからないことなんかゴーグルで検索すればなんだってわかる。(え?グーグルだって? ばあちゃんが読むとゴーグルなんだからゴーグルでいいんだよ。うるさい事いうやつはきらいだよ。w)ただばあちゃんにいわせると、このボタンの文字がもう少し大きくなっていると助かるんだけどね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

明日へ未来へつながっていく

とほほほ

アタマ、でかっ

深いふかい森の中

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ほんの少し先の未来へ2

フラクタル

crazy*3

死ね死ね団をぶっつぶせ!!

悠久のサイクルの中で

お願い!ちょっとでいいから!

こりゃ誰かが絵~書いておるな~!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。