スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災に備える知識としてばあちゃんが教えたいこと(情報篇)

はい、こんにちは。

またまた今日も、玉蔵さんが なんとしても生き抜けと声高々にほえているので
ちょこっとこっちも見ておいてもらって、こちらは災害時の情報について
みんなにお話ししようと思っているよ。
よーく耳かっぽじって聞いておくれ。

震災時に家族がみんなそろっている場合は特に問題ないんだけれども
日中なんかで、息子は学校、おとうちゃんは会社、娘は幼稚園なんてかんじで
ばらばらだったときはちゃんとどうするか、家族で話しあっているかい?
一度ちゃんとそこらへんのことを話し合いしておいた方がいいと思う。
おとうちゃんが都心で働いていた場合、電車やバスがとまってしまって、歩きで自宅まで帰るとすると
どのくらいで帰れるかとか、どのみち通ると安全かとか。
そこで大切なのは離ればなれの家族の安否を確認するための携帯電話やPHSだ。
これらは大震災など震度6以上の地震でほぼつながらなくなる。
そこで知っておきたいのが、災害伝言板というやつだ。
ばあちゃん、各社の使い方設定方法を孫に調べさせといたから
各自、自分の携帯電話みて家族共々この機会にしっかりチェックしておこうね。

ウィルコム設定方法
http://www.willcom-inc.com/ja/info/dengon/process/index.html



ドコモIモード設定方法

http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/guidance/index.html



au設定方法

http://www.au.kddi.com/notice/saigai_dengon/riyo/index.html



SoftBank設定方法

http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html

その他、もっとくわしくはゴーグルの災害用伝言板見て勉強しておこう。

さらに、携帯もっていても電池切れたらただのおもちゃだ。
充電できるものをちゃんともっておこうね。
手巻きの充電器なんかいいとおもうよ。

あと、家からどこかの避難所に行く場合は、ちゃんと張り紙して鍵かけていこうね。
ただでさえ某国の窃盗団なんかが、自転車かっさらっていく今日この頃
こういうときになにもしないはずがないからね。
知っている人やご近所、町内会のひとたちとしっかり自警をして協力しあわないといけないよ。
今まで知らなかったお隣さんも、意外といい人だったりして助け助けられることもあるだろう。

わりと田舎でのんびりしているところはそうでもないかもしれないけれど
家の建て込んだ都会や下町じゃ火災が起きるとやっかいなことになる。
どんどん燃え広がって、逃げ惑うことになると人はパニックになりやすくなって
みんながいこうとする方向に、じつはその先に危険があっても流されてしまったりするもんだ。
ばあちゃんが本所に住んでいた頃、両国の震災記念堂にいったことがあるけれど
ひどい写真がいっぱいあったよ。

そこで火災の時に気をつけること。
風がどちら側に吹いているかをしっかり確かめよう。
まちがってもふいてくる方向に逃げちゃ行けない。
風下へって言うのも利口じゃない。
風に対して直角の方向に逃げる。これおぼえておくといいね。
そして、大きな空き地をかこんだ数カ所近くで火災があった場合
空き地に熱風が集まって竜巻が起きる場合がある。
周りを良く見ておきそうになったら逃げること。
巻き込まれたら高いところに巻き込まれて、焼かれておしまいだ。
下にいる人もやがては上から黒こげの人がふってくることもあるから驚いちゃいけない。
落ち着くまではなんでもありと覚悟を決めておくことだ。

そういう時に役立つのはラジオや、携帯TVなんかだから
手回し発電のラジオなんかはしっかり用意しておこうね。
それとか使わなくなったTV見られる携帯とかもっているといいかもしれないね。
それと、小学校などの避難所に行った場合、また道を歩くときもなんだけれども
柱や壁にバッテン(X)のひびがはいっていたら、近寄らないこと。
こういうひびが入っている場合は、奥の方までおっかけているからくずれやすいと昔土建屋の
おっちゃんがいっていたからね。地震の時は気をつけようね。

とりあえず情報関係はこんなところかな。
くれぐれもデマとかにまどわされないように。
あと、ここぞとばかりに近寄ってくる宗教団体なんかにも注意だ。
ちょっとの恩でその先ずーっとつきまとわれたらたまったもんじゃないからね。w

ばあちゃんは怖いかもしれないけれど一応最悪のこと想定して話している。
これも備えあれば憂いなしだからね。
しっかり生き抜いてこれからの日本をみんなで見届けようね。

おっと忘れていた、いまよくちょっとした八百屋なんかで見かける
おおきな粉ふいた瓜みたいな冬瓜というやさいがあるんだけれど
あれは水分たっぷり含んでいて、水筒がわりになるからひとつかっておいたらいいよ。
切って生で食べられるからね。粉ふいているのは農薬じゃなくて虫や感想から守るために
自分でロウをだしているからなんだわ。
食べる時は皮を厚めに剥いて白いところを食べるといい。普通なら出して柔らかく煮て食べるけれど
震災時はそのままでもうまいからね。大きいからご近所でわけて食べるといい。
マヨネーズなんかであえてサラダにしてもみそ汁の具にしても食べられる。
なんかよく売れ残っている野菜だけれども、この時期とても体にいいんだよ。

それと、震災になったらトイレの水が流れないから、ふいた紙は別に捨てること。
これは覚えておこうね。
出かける時は携帯電話と、紙とえんぴつ忘れずに。
笛があったらもっていいね。埋もれてもここにいるよって知らせられるからね。
あとお水とかキャラメルやなにかおやつなんかもっているといざという時の助けになるかもしれないね。


スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます。

今回も早々に為になる情報ありがとうございます。

風の吹いてくる方向と直角ね。
あと、笛、キーホルダーにいつも鈴つけておくのもいいかもね。
師匠の記事を読んでいたら徐々に心構えが出来てきた気がします。
本当にありがとうございます。
私、まいど二等兵は世の中がひっくり返っっても、なにがあっても絶対に師匠の教えを体にダウンロードして生き残ります。
もし、インターネットが通じなくなっても、師匠にお礼をしに行くので、
師匠も絶対元気でいてください。

いつまでたってもおバカなまいど二等兵ですた。

心の唄

師匠、入団許可、ありがとうございます!
そして、冬瓜情報もありがとうございます。
いざという時の心得を ひとつでもふたつでも知っているというだけで
気丈になれますね。

万一、何かが起きてしまった時に
心の支えとなるような、お互いの愛を感じあえるような
師匠お勧めの「心の唄」がありましたら
教えていただけませんか?
こちらの常連の皆様のご推薦もありましたら嬉しいです。

5%団のテーマソングに、したいですね!

Re: 心の唄

心の唄かい?
そうだねぇ 「365歩のマーチ」とか元気があっていいかもしれないね。
ばあちゃんはこの唄大好きだよ。

No title

まいど二等兵へ

いつも見に来てくれてありがとうね。
まいどさんにはばあちゃん、ぜったいに生きて生き抜いてほしいと思っているよ。
仲間思いのやさしいまいどは
ほんとにほっとする存在だからね。
まいどがきたらばあちゃん備蓄のあずきでお汁粉こしらえてあげようね。うこんさんとかイカ社長、おちんさんやワンださん
ナンシーちゃんやふぅさんや深い森さんにナンバー1さんくりこちゃん絵図師さんにレインボーさん、みーんなで食べたいね。
輪になって食べたいね。
FLASH文字時計
プロフィール

ふんどしばあちゃん

Author:ふんどしばあちゃん
北の大地から東京の下町に嫁に来て、50年はとうにたったかね。子供三人、孫8人。四年くらい前までは手縫いのふんどしを縫ったりして生活のたしにしていたもんだが、引退。糸通しの針金を針の穴に入れられなくなったら針子もそれまでだからね。じいさんの世話もあった。今年は長年連れ添ったじいさんも亡くなって、ヒマなもんだから孫のおさがりのパソコンでもやってみようかと思っているうちに、面白くなっちゃった。
今はたいした時代だよ。一人一台コンピューターマシーンがもてる時代だからね。わからないことなんかゴーグルで検索すればなんだってわかる。(え?グーグルだって? ばあちゃんが読むとゴーグルなんだからゴーグルでいいんだよ。うるさい事いうやつはきらいだよ。w)ただばあちゃんにいわせると、このボタンの文字がもう少し大きくなっていると助かるんだけどね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

明日へ未来へつながっていく

とほほほ

アタマ、でかっ

深いふかい森の中

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ほんの少し先の未来へ2

フラクタル

crazy*3

死ね死ね団をぶっつぶせ!!

悠久のサイクルの中で

お願い!ちょっとでいいから!

こりゃ誰かが絵~書いておるな~!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。