スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日差しがまぶしい夏が来たよ

はい、こんにちは。

しばらくぶりになっちまったけれどもみんな元気だったかい?
ばあちゃんは 元気だ。
ただ、パソコンが元気でなかった。
ここでみんなに見てもらおうと思った画像が、たまりにたまって
ディスクトップ画面が何重にも画像の重ねぬりみたいになっていたんで
動かなくなっちゃって、しょっちゅう止まっちゃったり動かなくなったり
コメント入れても、それっきりとかね。

孫にきれいにしてもらったよ。
ファイルというのを作って、使い終わった画像はここにしまう!! みたいなね。

便利なもんだと思っていたんだよ。
でも、なんだね。
やっぱりあんまり重ねて使ってはいけないんだね。

なんだか画面もスッキリしてすらすらとまた動くようになって
よかったよかったっていうところ。

まぁ 梅雨が明けたと思ったらまぁまぁ日差しの強いこと強いこと。
外に出るとまわりが白く見えちまって、どうもいけないんで
サングラスを買ったよ。

なんだかハリウットスターになった気分だよね。

っていったら孫たちが笑い転げてねぇ。
みんなにいいふらしていたよ。
まったくなんてやつらだろうね。
ばあちゃんの乙女心を笑うなんぞ。
今年はアイス代抜きにしてやることに決めた!

ところでなんだいなんだい。
カレイドスコープさんと玉蔵さんがあーでもないこーでもないって
まぁ、政局もあんなだし気候もこんなだし
今まで表に出さずにいた本音が、出てきたのかもしれないね。
人それぞれにポリシーがあって、それにのっとって生きているわけだから
出会いも別れもあるだろうよ。
きっとそういう時期なんだろうね。

引き寄せの法則、ザ、シークレットの動画をばあちゃんも見たよ。

正直、なんでこうアメリカさんはいいことばかり手に入れたいとか思うんだろうね。って思ったよ。
別にいいことも悪いこともいいじゃないか。
ばあちゃんは、今まで生きてきていいことはいいことだし、
悪いことも時間が経つといいこと以上にいいことになって身に付いている。って思うんだよね。
だから、なんでもどーんとこいなんだわ。

なんかあったら、そのつどそれに対処してね。
ふだんから物を良ーく見ておくクセをつけるとか、これがなかったらこれの代わりに使えるものはなにかとか
自分のまわりの物をよく知っておくことなんか、一番大切なんじゃないかとおもってるんだわ。

なくすことは悲しいけれど、それを乗り越えようとする時のまわりの人とのふれあいとか
今まで気がつかなかった何かを感じられる時って、心がまたひとつふくらんでおおきくなったかなってね。
やっぱり、なんでもそうだけれど 停滞 ってのはいけないんだわ。
歩いていかないと。風通しを良くして何でも受けきらないとね。
なーに、たいしたことはないんだよ。案ずるより産むが易しってね。
今の人はきっと見えない恐怖にがんじがらめにされて心の病気にかかってしまうんじゃないかな。
恐怖というものは、自分でおおきくおおきくおおーーきくしてしまえるものだからさ。
でもそれ大きくしているのは自分であって、現実見てみたらそんなものは姿さえもなくてただのオバケでね。
時計の針はコチコチ鳴り続けているし、庭では虫がないているんだわ。
種をまいて水をあげると芽が出るし。
地球のお約束は、こんなにも正常だ。

きっと悪いことなんてないんだよ。
どんなことが起きても。

(まわりのひとになにかおきた時は、ちゃんと助けてあげようね。
そういうのは忘れちゃいけないことだからね。)


そうそうこの写真は南アフリカの白人の貧困層の写真だ。

写真はクリックして大きくしてみておくれ
s04_00000008.jpg


s05_00000009-1.jpg

びっくりしてしまった。白人の人が黒人の人にいろいろ配っているのは見たことがあるし
そういう立場なんだと思っていたけれども、いまはこんならしいね。
アパルトヘイトでさんざんいい思いしたはずなんだろうけれども、こんなになるとやっぱり気の毒だねぇ。
南アフリカには450万人の白人がいて、このような生きるのにギリギリの貧困層は45万人なんだそうだ。
http://ameblo.jp/pursang-blog-page/entry-10563561483.html

ーーーーーー転載ーーーー
南アフリカの首都であるプレトリア郊外だけでも77もの白人が住むタウンシップがある。
そこには電気、水道、トイレなどの設備がなく、外で煮炊きをするという原始的な生活を強いられています。
南アフリカのズマ政権の現政府の黒人を優遇する制度の元で
職を奪われてしまった白人の多くが次の仕事を見つけることが出来ずその日暮らしのような状態に陥っているようです。
黒人のズマ大統領はそういう地域を現在までに3回訪れたそうで最初の時はそういう現実があることに非常にショックをうけたそうです。

ーーーーーーーーーーーーーここまでーーーーーーー

っていうか、同じ国にいる他の白人はなんでこの人たちを助けないのかね?
同じ人種としてどうにかしてあげようと思わないんだろうか?
黒人の大統領でさえショック受けてしまうのに。

西洋の人の考えていることは、いまひとつわかんないね。

でも 子供たちはがんばっているよ。

s13_00000031.jpg

s19_00000036.jpg

はだしだってへのかっぱ。
むしろはだしで大地を踏みしめれば、健康になるってなもんだ。
この子たちは、きっと自分たちの未来に希望の灯をともしている。
今が最低だとしたら、これからどんなふうにしていこうかっていくらでも考えられるからね。
しあわせっていうのはそういうもんだとばあちゃんは思うんだ。
楽ばかりの棚ぼた人生なんて、おもしろくもなんともないからね。


スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰でございます。

>今の人はきっと見えない恐怖にがんじがらめにされて
>心の病気にかかってしまうんじゃないかな。
>恐怖というものは、自分でおおきくおおきく
>おおーーきくしてしまえるものだからさ。
>でもそれ大きくしているのは自分であって、
>現実見てみたらそんなものは姿さえもなくてただのオバケでね。

確かにそうなのかもしれませんね。

しかし、極小製造卸企業のイカ社長@としては、日々一喜一憂なのでございますよ。

仕事が入った日(受注のあった日)は、何かとテンションが高く、数日受注のない日が続けば、意味もないソロバンをはじいたりしております。

平凡に過ぎ行く日々の有難さを痛感している、イカ社長@なのでございます。

ばあちゃん、暑い日が続きますね。
身体に注意してな。。。。。

師匠っ!待ってますた!

師匠が出てきてくれて、なんかものっすごくほっとしますた。
実は、カレイドさんのブログ読んで、あまりの辛辣さに、心の臓がばっくばくですた。

でも、今回のことで、ワタスは自分の周囲におる男性たちの穏やかさと視野の広さを再確認でけますた。
ワタスは、周囲の女性にも恵まれてるし、男性にも恵まれて、おまけにオカマにまで恵まれてるなぁと、ありがたくなりますた。

>時計の針はコチコチ鳴り続けているし、庭では虫がないているんだわ。
種をまいて水をあげると芽が出るし。地球のお約束は、こんなにも正常だ<

人間だけが先走って破滅に突き進もうとしてるのかなぁ。
今、耳を澄まして、時計の音を聴いてます。
鳥が鳴きますた。今のはフクロウです。

師匠、暑さにはくれぐれも注意しておくんなさい。水分、忘れずに摂ってね。
                        シドニーおちん四等兵。

初めて知ったよ

ばあちゃん、PC元気になってよかったね。
私も知らぬ間に写真が元に戻ってたよ。

アフリカに白人の貧困層があるなんて知らなかった。
裸足の白人見て、なんか違和感があったよ。
これって完全なステレオタイプだね、貧困=黒人っていう(よくねえな)

でもさ、こういうの見るとなんかつらいね
産まれる所(親も)で、こんなにちがっちゃうなんて.....
恵まれすぎてる自分の環境に感謝こそすれ不平は言うまい。

この子達の笑顔がせめてもの救いです。

No title

しかし、何故かみんな明るい顔してますね。
生き生きしてるというか。
偶然選ばれたのかな?

イカ社長

イカ社長@

毎日ご苦労さん。コメントありがとうね。
今年の夏も暑くなりそうだね。

そうだねぇ、とかく経営者というものは守りに徹しようとする傾向があるから
よーく先読みしたがるんだけれどもそれじゃあいけない。
今来ている仕事をよく丁寧にこなす。
仕事を待っている時間、やることがなくて苦痛だったら道具の手入れや
資材のチェックなどして、つぎの仕事がよりやりやすいように容易をしておく。
ハンマーのさび落しとか、たまにはいつも使っているペンチなんかの道具をピカピカに磨いて
いつもおいらの右手になっていい仕事してくれてありがとうな。
なーんてしていると、自然につぎの仕事がはいってくるもんだ。
客先もぴかぴかの使い古した道具を見て、この会社はこういう気持ちで仕事しているんだってわかって
見ていて気持ちのいいもんだよ。そういういい印象のある会社ってもんは頭に残るから
仕事が仕事を呼んでくるもんだ。
しっかりおやり。

Re: 初めて知ったよ


くりちゃん こんにちは

> ばあちゃん、PC元気になってよかったね。
> 私も知らぬ間に写真が元に戻ってたよ。

おっ いっしょだね。
パソコンが調子悪いっていうのは、ほんとうにやんなっちゃうからね。
いろいろ書いて、さて送信ってところでかたまると蹴っ飛ばしたくなるよね。

>
> アフリカに白人の貧困層があるなんて知らなかった。
> 裸足の白人見て、なんか違和感があったよ。
> これって完全なステレオタイプだね、貧困=黒人っていう(よくねえな)

ばあちゃんも、びっくりした。
でも、そこそこ女の人は肉付きいい人多いなっておもった。
でも男の人はひょろひょろだね。きっと奥さんだけはお腹いっぱい食べさせたいとかなのかもね。

> 恵まれすぎてる自分の環境に感謝こそすれ不平は言うまい。

えらいぞー。その調子だw

> この子達の笑顔がせめてもの救いです。

部屋のなかで、コーラ片手にゲームしている子供よりか
ずーっとタイヤに絡んでドロだらけになって遊ぶ方が
子供に取っちゃしあわせだとばあちゃんは思うよ。
なきゃないでその環境でなんとかする、こどもの心の順応性っていうのかな。
こういう環境で育った子は、仲間意識や家族の絆大切にするだろうね。

Re: No title

> しかし、何故かみんな明るい顔してますね。
> 生き生きしてるというか。
> 偶然選ばれたのかな?

ははは、ばあちゃんがそういうの選んで載せてるんだよ。
元ネタいくとさらに元ネタが紹介されているからいってみるといいよ。
悲しいのもあるから。
全体的に思ったのは、赤ちゃんが多いってことだね。
正直、黒人の貧困層はやることないからどんどん子供作って、人口が増えていくって聞いていたけれど
人種が変わっても同じなんだなって思ったよ。
貧困層が多いと、子供が増える。
そしたら日本も貧困層が増えると、子供が増えるかもしれないよね。

っていうか戦後がまさしくそうだったじゃないか。
産めよ増やせよ日本の宝ってね。

No title

日本の子供達は修学旅行と称して、スキーに
行ったりテーマパークに行ったり、はては
生意気にもおフランスだのおカナダだのに
行ってるですね。
それよりもっと見るべき事があるはずだと
思うでありますよ。
ごみ集積場でごみを漁ったり、マンホールの中で
暮らしたり、道端しか寝る場所のない子供達を
見たら、日本の子供達にも日本の素晴らしさや、
どんなに自分達が恵まれた生活を送っているのか
色んな大切な事をもっともっと理解できるんでは
と、こういう画像を見ながら考える今日この頃で
あります。
ふんどし隊長の座りに座った肝っ玉、いつもながら
尊敬致しますであります。
こんなばーちゃんが身近にいたら、さぞかし心強いで
ありましょうね。
FLASH文字時計
プロフィール

ふんどしばあちゃん

Author:ふんどしばあちゃん
北の大地から東京の下町に嫁に来て、50年はとうにたったかね。子供三人、孫8人。四年くらい前までは手縫いのふんどしを縫ったりして生活のたしにしていたもんだが、引退。糸通しの針金を針の穴に入れられなくなったら針子もそれまでだからね。じいさんの世話もあった。今年は長年連れ添ったじいさんも亡くなって、ヒマなもんだから孫のおさがりのパソコンでもやってみようかと思っているうちに、面白くなっちゃった。
今はたいした時代だよ。一人一台コンピューターマシーンがもてる時代だからね。わからないことなんかゴーグルで検索すればなんだってわかる。(え?グーグルだって? ばあちゃんが読むとゴーグルなんだからゴーグルでいいんだよ。うるさい事いうやつはきらいだよ。w)ただばあちゃんにいわせると、このボタンの文字がもう少し大きくなっていると助かるんだけどね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

明日へ未来へつながっていく

とほほほ

アタマ、でかっ

深いふかい森の中

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ほんの少し先の未来へ2

フラクタル

crazy*3

死ね死ね団をぶっつぶせ!!

悠久のサイクルの中で

お願い!ちょっとでいいから!

こりゃ誰かが絵~書いておるな~!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。