スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささげでも小豆でもお赤飯ならこう作ろうね

はい、こんにちは。

今日は弟子からのリクエストで、お赤飯の作り方を教えようね。
お赤飯って言うのは、日本のおめでたい時には欠かせないご飯だからひとつ覚えておこう。
ばあちゃんところも、毎年祭りの日にはお赤飯を炊いて、まわり近所に配っている。
最近はこういうのが少なくなっちまったけれども、こういう縁起物ってのは大切なもんだ。
日本のおかあちゃんたちは、こういうのをしっかり子供に食べさせて後世に残していっておかないといけないよ。
これもひとつの文化ってやつだからね。

さて材料だよ。ここではだいたい大盛り3人分ぐらいの出来上がりの量ということで書いておくよ。
お赤飯はみんな良く食べるからね。
うちじゃいつもはこの倍作っているので半分にしておくからね。w
うちの場合はせいろつかって蒸し上げるんだけれども、ないところは蒸し器を使ってもいいし
娘のところはジャーで作っているみたいだよ。なかなかジャーでも上手にできるから挑戦してみようね。

餅米 3カップ 
普通のお米 ひとにぎり
あずきかささげ 二分の1カップ
豆の煮汁 2カップ
砂糖 おおさじ1
塩 小さじ1

ごましお 適量

まずは、豆をだいたい豆の四倍くらいの水で中火で煮る。
豆は、あずきもささげもはじめはアクが出るから、沸騰してアクがでたらアクを取ってね。
この豆煮る鍋は量も少ないから、そんなに大きいのでなくてもいいからね。
ゆっくりと豆が破裂しないようにそんなにやわらかくならない適当なところまで煮ようね。
時々かじってみてしんがある感じでOKだ。

煮ている間に餅米と普通の米をあわせたのを洗ってザルにとっておいて
豆がちょうどいいあんばいになったら、豆と煮汁を別々にして
ちょいと大きめの鍋の中に煮汁2カップに餅米をつけておいて一時間から一時間半じーっと待つよ。
おいしいものを作るときって言うのは、この待つ時間が大切だ。
素材と素材がなじむまでしっかり待ってあげようね。

ここでジャー使って作る人たちは、お釜の中に煮汁につけた米そのまんまとあとの材料ごましおぬかしてざざーっといれちゃって、おこわモードの設定にして炊飯してしまう。
そのときにほんのすこーし日本酒入れるといいらしいね大さじ一杯ぐらいだってさ。w

こっちはせいろで蒸し上げ組だ。
時間が来たら鍋に砂糖大さじ1塩小さじ1を入れて火をつけて強火で沸騰させて中火にしてお米に煮汁をしっかり吸わせる。へらなんかでゆっくりかき回して、焦げ付かないようにするんだよ。
汁がなくなったらやめ。
これでご飯炊くわけじゃないからかたくってもいいからね。
そしたら中華鍋でお湯わかしてせいろの準備だ。
せいろの準備ができたら蒸し布ひいて、なかにお米をいれて上の方に豆をならべて蒸し布かけてふたをして
30分くらい蒸しあげる。いい香りがしてくるからね。
三十分したらちょっとつまんでいいかなって思ったらできあがり。

熱いからヤケドしないように注意しておろそうね。
お皿に移したらごま塩かけて召し上がれ。

ちょいと他のところと違うかもしれないけれど、ひとにぎりの普通の米入れるのは、餅米だけだとべたべたするのをふせぐためなんだね。ばあちゃんの赤飯はちょっぴり軽めの赤飯なんだよ。
これだと冷めたあとでも、それほどべとんべとんに固まらないんだわ。
あと、これだとお赤飯のおにぎりがにぎりやすいってのもある。
子供や孫が多いときは、いちいち皿に盛ってられないから大人だけ皿に盛って
あとはおにぎりにして大皿にどーんとおいて、みんなで食べさせたりしていたからね。
特に祭りになると他のうちの子供もぞろぞろ来るからね。
みんなでおにぎり食べさせてお神輿わっしょいさせるんだわね。
今年もどーんと作ろうと思っているよ。

ちょっとじいさんがいないのがさみしいけど、じいさん赤飯好きだったしご先祖さまたちも好きな人多いから
おひがんのおはぎとお祭りのときのお赤飯は毎年欠かせないね。
あとばあちゃんの年中行事は、花見のちらしおいなりさんと秋の月見団子かな。
あと春のよもぎだんごだね。
こういう日本の文化はちゃーんと残していかないとね。

そうそう、新潟のお赤飯はいんげんまめを甘く煮て入れるそうだよ。
豆はそんなにこだわらなくても良さそうだね。

お赤飯の写真ないから、おかあちゃんの育てている庭の花でもかざっとこうね。
100617_0500~001


スポンサーサイト

テーマ : みんなに知ってもらいたい
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

No title

師匠!新しいハウツウ記事更新ありがとうございます。

いつもべったりな赤飯になるので、諦めかけてかけておりますた。
技があったんですね。初めて知りますた。
コメント書いてて自分でも恥ずかしいのですが、私がまともな日本人になれるよう、
今後も色々教えてください~。
よろしくお願いします。

まいど二等兵ですた。

No title

こんにちは。
私も小さな頃から祖母と一緒に暮らしていました。

やはり節目節目で必ず何かを作っていました。
あと先祖がなくなった月命日にはおいなりさんとか団子とか必ず何かを作ってお供えしていました。

私は長野県出身なのですが盆の14日には必ずおやきを作っていました。

私が子供に伝えていけることはこんなことくらいしかないのでこれからも自分の経験したことや、ふんどしばあちゃんさんのブログを参考にしながら、大切な事を子供に伝えていきたいと思います。

師匠っ!感激しますたぁ~

今朝リクエストしたのに、もう記事にしてくださったのですたか!

って、実は、そろそろかなぁ、と思って、今日の夕方(シドニーは木曜日はナイトショッピングといって、夜遅くまでお店が開いてんです)、小豆とタイ産のもち米、買って来たのですた。

明日は朝から作ります。食べたくて食べたくてたまらんかったのです。

最近、何か、ぱぁっと心を晴らさにゃならん、という気がして、どうしてもお赤飯が必要だと思ったのですた。

実は、ワタスのお赤飯、まずいんですた。何かこうびちゃっとして。色も悪くて。小豆だからかなぁと思ってたんですが、この記事読んだら、きっと違う、と思いますた。ひと手間、完璧に抜かしてますた。

明日は、この通り、しっかり作ります。で、ジャーよりもセイロにしようと考えてます。がんばっかんね。

ちゃんと作って、神棚と、仏さまにお供えします。

本当にありがとうございます。また、次のリクエスト、考え出しますが許しておくんなさい。
                 by お赤飯大好きシドニーおちん四等兵
FLASH文字時計
プロフィール

ふんどしばあちゃん

Author:ふんどしばあちゃん
北の大地から東京の下町に嫁に来て、50年はとうにたったかね。子供三人、孫8人。四年くらい前までは手縫いのふんどしを縫ったりして生活のたしにしていたもんだが、引退。糸通しの針金を針の穴に入れられなくなったら針子もそれまでだからね。じいさんの世話もあった。今年は長年連れ添ったじいさんも亡くなって、ヒマなもんだから孫のおさがりのパソコンでもやってみようかと思っているうちに、面白くなっちゃった。
今はたいした時代だよ。一人一台コンピューターマシーンがもてる時代だからね。わからないことなんかゴーグルで検索すればなんだってわかる。(え?グーグルだって? ばあちゃんが読むとゴーグルなんだからゴーグルでいいんだよ。うるさい事いうやつはきらいだよ。w)ただばあちゃんにいわせると、このボタンの文字がもう少し大きくなっていると助かるんだけどね。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

明日へ未来へつながっていく

とほほほ

アタマ、でかっ

深いふかい森の中

ガンから生還~命のバトン~

過去ログ倉庫:黄金の金玉を知らないか?

ほんの少し先の未来へ2

フラクタル

crazy*3

死ね死ね団をぶっつぶせ!!

悠久のサイクルの中で

お願い!ちょっとでいいから!

こりゃ誰かが絵~書いておるな~!!
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。